メニュー

クラウド活用の事例とは?近年注目される理由も解説

 2021.12.20  CLOUDIL 【クラウディル】

近年聞かれるようになったクラウドサービスという言葉ですが、どのようなものなのかご存じない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、クラウドとは何なのか、どのような形態のサービスなのかという点から解説していきます。また、各業界でクラウドサービスがどのように活用されているのかも紹介していきます。

そもそもクラウドとは?

ネットワーク技術の発達に伴って、クラウドサービスという言葉がよく聞かれるようになりました。
直訳すると「雲」という意味ですが、IT業界で使われる場合、主にインターネットでのネットワークを経由して顧客にサービスを提供するモデルのことを指します。

なぜこのようなサービス形態をクラウドと呼ぶようになったのかについては、クラウドサービスが発達する以前から、ネットワーク図を雲のように表現することが定例化していたことや、ユーザーそれぞれはサーバーの物理的な位置を意識する必要がないことから、雲の中に隠れているサーバーからデータをダウンロードしてくるような印象からそう呼ばれるようになったという仮説もあります。

また、自分で地上にサーバーを用意することなく、必要なデータをより上位のネットワーク、例えるなら上空(=雲)から都度ダウンロードしてくるようなサービス形態のイメージは、クラウドという名称と合っていると言えるでしょう。

こういったクラウドサービスの料金形態には買い切りのものは少なく、無料もしくはサブスクリプションを採用している場合が多いため、すべてを自社で用意する場合よりもリーズナブルに利用できるメリットがあります。
前述したように自社でサーバーを設置する必要がないため、サービスの契約者はインターネットに接続できる環境があれば誰でも簡単にサービスを利用することが可能です。

クラウドサービス活用で企業にもたらすメリット

近年、クラウドサービスは多くの企業に利用されるようになってきています。
ここではその理由について触れていきます。クラウドサービスが近年採用されているのはどういう点に注目が集まっていることが理由なのか、それによってどのようなメリットがあるのかについて見ていきましょう。

ランニングコスト・初期コストの削減

クラウドサービスは、従来の業務用ソフトウェアを運用する場合と比べ、導入が容易です。また、コストも安く済むことも大きなメリットのひとつです。
従来の方法、つまり会社でシステムを構築してそれを運用する場合と比較すると、従来の場合はあらかじめ自社でサーバーを用意して、そこにソフトウェアをインストールして運用する必要がありました。

一方、クラウドサービスを利用する場合は、オンプレミスでサーバーを構築する必要がありません。
また、クラウドサービスを提供している会社がサーバーの保持および管理をおこなうため、導入に際して初期費用が安く済むほか、サーバーの保守点検などにかかるランニングコストも大きく削減することが可能です。

担当者の業務効率化が可能

クラウドサービスは、インターネットに接続してさえいれば、基本的にどこからでも利用できます。そのため、担当管理部門や、データへのアクセスを行う担当者単位で、どこからでもクラウドにアクセスしてそれぞれが作業を行うことができるため、効率化にもつながります。

またセキリュティに関しても、担当者ごとに権限の付与を行うことができるので安心です。

テレワークでも活用可能

最近、コロナウイルスの影響で特によく行われる業務形態である在宅ワークでも、クラウドサービスは活躍します。
個々の担当者が作業をしている途中のデータなどもクラウド上、すなわちオンラインのストレージに保存されているため、インターネットに繋がってさえいれば在宅ワーク中でも出社する必要なく、担当者それぞれが業務用の最新データにアクセスすることが可能です。

また、先述したようにクラウドサービス内部で権限の付与なども行うことができるため、在宅ワークでの漏洩のリスクも削減することができます。

国内企業のクラウドサービス活用事例

クラウドサービスは、業務効率、コスト、導入時の容易さなどさまざまな面でメリットがあります。

特に、在宅ワークで、オフィスに出勤することなくデータの保存や共有が可能になるという点は、クラウドサービスの大きなメリットと言えるでしょう。
本項目では、国内の企業において、実際にどのようにクラウドサービスが活用・運用されているのかを紹介していきます。
各業界の特色に合わせて、クラウドサービスのどのような性質が特に求められているかについても解説します。

金融業界の活用事例【セキュリティ】

銀行や保険などをはじめとした金融業界においては、セキリュティの強化がとても重要です。特に、テレワークへの移行がおこなわれた際には堅牢なセキリュティ体制を構築することが必要とされていました。

そこで、強固なセキュリティ体制が整っているクラウドサービスが特に注目されています。そうすることで、特にテレワーク時でのセキリュティ面を強化することに成功しています。

製造業界の活用事例【データのクラウド移行】

製造業界はその性質上、紙媒体の資料が使用されることも多くなっています。ただ、業務の量が増えるにつれ、膨大なデータの中の1点でも変更があった場合に修正が煩雑であったり、図面や図解などのさまざまなデータをやり取りする際に、どうしても手間と時間がかかってしまったりすることが課題となっていました。

そこで、製造業界では図面などのデータや資料をクラウドに移行することで、細かい修正がおこなわれた場合でも常に最新版のデータに簡単にアクセスすることを可能としました。

また、紙媒体ではやり取りが大変だった大容量のデータについても、クラウド上のストレージにアップロードすることにより時間や場所を気にすることなく閲覧が可能になりました。

これらの、主にデータまわりのやり取りにおいてクラウドサービスは大いに役立っています。特に管理コストが削減されたことは大きな功績といえるでしょう。

BtoB業界【オンライン会議】

人対人のコミュニケーションが重視されるBtoB業界においては、従来は定期的に担当者が訪問営業を実施していました。
しかしオンラインでの営業が必要とされるようになり、様々なオンラインコミュニケーションツールが採用されるパターンが増えています。

既存のビデオチャットツールとは違い、クラウド型の会議ツールはURLを共有することで簡単に参加することが可能で、オンライン会議の効率が飛躍的に向上しました。

まとめ

コロナウイルスの影響もあり、全ての業務を対面で行うことが不可能になる中、導入が簡単かつ低コストであるクラウドサービスを利用することで、手軽にオンラインで業務を遂行することができるようになりました。

自社でサーバーを用意して、一からサービスを組み上げた場合と比較し、クラウドサービスはその手軽さや、強固なセキリュティが大きなメリットです。

最初はお試し価格での提供を行なっているサービスも多いので、自社でクラウドサービスの利用を検討している方は、ぜひ1ヶ月程度の使用を試してみるのもよいのではないでしょうか。

営業の現場力を鍛えれば、売上げが伸びる。そして、ビジネスが変わる。

RECENT POST「コラム」の最新記事


クラウド活用の事例とは?近年注目される理由も解説
メールマガジンのご案内

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング