メニュー

ビジネスにおいてデータ活用を推進するには 事例を基に解説

 2022.05.09  CLOUDIL 【クラウディル】

デジタルツールの普及により消費者のニーズが多様化している現代では、データを用いた経営判断が欠かせません。そこで本記事では、ビジネスでデータ活用を推進する方法について、事例を交えながらわかりやすく紹介します。ビジネスにおけるデータ活用の基本知識や成功事例などを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

ビジネスにおけるデータ活用

ビジネスにおけるデータ活用とは、日々の業務のなかで蓄積したデータを多角的に分析し、そこから得られた知見を企業の意思決定に活かすことです。近年、スマートフォンの普及により、消費者はさまざまな情報に簡単にアクセスできるようになりました。その結果、消費者のニーズは多様化し、従来通りのマーケティングではトレンドの移り変わりを予想することが難しくなり、今やデータを収集・分析することを主軸とする新たなマーケティング方法が主流になりつつあります。

データ活用で使用するBIツールは、データの可視化や自動検知・未来予測・自動制御などさまざまな機能を備えています。専門知識がなくてもすぐに活用できるレベルまで詳細な分析を行ってくれるものもあり、どのようなBIツールを導入するかについても、データ活用の成功を左右する重要なポイントです。

役割別Salesforce導入のメリット
営業の現場力を鍛えれば、売上げが伸びる。そして、ビジネスが変わる。

データ活用に必須のBIツールとは?

BIツールとは、企業が持つさまざまなデータを収集・分析して、経営に役立てるツールのことです。データ分析の方法は企業によって異なり、なかにはExcelなどを使って手入力で分析作業を行っているケースもあるでしょう。
しかし、そのような方法では扱えるデータの数・種類に限界があります。自動でデータの収集や分析、グラフへの可視化などを行ってくれるBIツールを導入することで、業務効率向上やコストの削減などが期待できます。

データ活用を推進するメリット

市場のニーズを素早く汲み取り、企業の意思決定を手助けしてくれるデータ活用。ここでは、企業がデータ活用を推進するメリットを項目ごとにまとめました。

明確な根拠に基づいた経営判断ができる

従来では経営者の勘や経験などに基づき経営判断を下すのが主流であり、事実、ある程度はそれで市場に対応できていました。しかし、デジタルツールが普及した現代では、そういった手法はギャンブルのようなもので、非常にリスキーといわざるを得ません。

経営判断にデータ分析を用いることで、明確な事実を基に精度の高い意思決定ができるようになります。また、データを可視化すれば事実を客観的に説明でき、周囲の納得を得やすく、判断スピードもアップするでしょう。

正確な現状把握と将来の予測ができる

BIツールを活用し、リアルタイムでデータを収集すれば、現在の状況を素早く把握できます。手作業でデータ分析を行う場合、収集から分析までに時間がかかり、ビジネスに活用するときにはデータが最新のものではなくなっているケースもあるでしょう。
特に近年は市場の変化が早いため、スピード感を持ちつつ正確な意思決定を行わなくてはなりません。データ分析を活用すれば、より正確性の高い予測を短期間で立てられるでしょう。

新たなビジネスチャンスが生まれる

データ分析を行うと、これまで注目していなかった新たな問題点が浮き彫りになることもあります。「予想していた見込み顧客のターゲット層がずれていた」「自社の強みを活かせそうな新たな市場を見つけた」など、新たなビジネスチャンスが生まれるケースも少なくありません。これまでデータ分析を行っていた企業も、分析手法を見直したり、新たにBIツールを導入したりすることで、違った視点から現在の状況を把握できるようになるでしょう。

データ活用の成功例

ここでは、実際にデータ分析を活用して、生産性の向上や業務効率アップを達成した成功事例を紹介します。データ活用の具体的な効果や活用例を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

データ活用で離職率低下

ゲーム・エンターテインメント業界に特化したエンジニア派遣を行う企業では、多くの人材を正しい基準で人事評価することが難しく、「優秀なクリエイター・エンジニアを定量的指標に基づいて客観的に評価できる仕組みはないか」と模索していました。そこでBIツールを活用したところ、主観的に判断するしかないと思われていた営業力や企画力を、関連するデータを基に分析・数値化することに成功。主観ではなく、数字に基づいた人事評価ができるようになり、離職率の半減や管理業務のコストダウンなどが実現しました。

データ活用で作業時間が6割減

BtoBのマーケティング代行を行う企業では、BIツールの導入によって作業時間の短縮に成功しました。もともと、顧客のレポート作成をExcelやPowerPointを用いて手動で行っており、月1,000時間ほどの作業時間を確保していました。しかし、レポート作成に多くの時間を割いていたにも関わらず顧客満足度が振るわなかったため、業務作業そのものを見直し、BIツールを導入します。
その結果、BIツールのダッシュボード機能を活用することで、顧客とデータを共有し、レポート作成が不要になりました。タイムリーな分析結果を効率よく作成できるようになり、顧客満足度の向上にも成功したそうです。

データ活用を推進するためのポイント

近年、多くの企業でデータ活用の重要性が高まっているなか、「データ活用を効率的に行いたい」「収集したデータをもっと経営判断に活かしたい」などの悩みを抱える企業は多いものです。ここでは、社内でデータ活用を推進する方法を項目ごとにまとめました。

解決したい課題を明確にする

データ活用といっても、ただやみくもにデータを収集・分析すればよいわけではありません。実際、BIツールを導入しても分析の目的や課題が定まっておらず、思うような結果を得られないケースは多く見られます。まずは解決したい課題を明確にし、ボトルネックになっている箇所はどこか仮説を立てたうえで、データの抽出や分析を行いましょう。

課題解決に適切なBIツールを利用する

BIツールにはさまざまな機能を持つものがあり、どれを選ぶべきかについては、企業が解決したい課題によって異なります。
例えば、「レポート作成に時間がかかる」という課題を解決したい場合は、ダッシュボードでリアルタイムの情報を共有したり、自動で現在のデータをすぐに可視化してくれたりするBIツールなどが適しています。また、クラウドからすべてのデータにアクセスできるものや、操作性に優れているものもあるなど、ツールによって特徴が異なるため、あらかじめしっかりと調査を行うとよいでしょう。

経営陣がリーダーシップをとり組織変革する

これまでデータ活用が進んでいなかった企業では、いざBIツールを導入したとしても思うように使いこなせなかったり、分析したデータをビジネスに反映できなかったりする失敗も多く見られます。ただ単にBIツールを導入すればよいわけでなく、データを活用したビジネスモデルの明示や作業工程の簡略化など、企業全体を巻き込んだ指針を定めておくことが大切です。責任の所在が不明瞭にならないように、CIOやCDOなどデータ活用の責任者を決め、リーダーシップを発揮してもらいながら、組織的に改革を行っていくとよいでしょう。

まとめ

市場の変化が激しく、個人のニーズが多様化している現代では、データを用いたスピーディーな意思決定が欠かせません。現在の状況を正しく把握し、データを素早くビジネスに活用するには、自動でデータの収集・分析・抽出などを行ってくれるBIツールを導入するとよいでしょう。

BIツールはさまざまな機能があるため、解決したい課題や分析の目的に合った適切なものを導入することが大切です。BIツールを導入し、離職率の低下や顧客満足度の向上などにつなげた成功事例もあるため、効果的に活用することで、企業の成績を向上できるかもしれません。

営業の現場力を鍛えれば、売上げが伸びる。そして、ビジネスが変わる。

RECENT POST「コラム」の最新記事


ビジネスにおいてデータ活用を推進するには 事例を基に解説
メールマガジンのご案内

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング