メニュー

環境問題の種類とは?地球のために私たちができること

 2022.07.04  CLOUDIL 【クラウディル】

環境問題とは人間の営む社会活動などによって、人間の生活圏や自然界など地球の環境に多大な影響を及ぼす諸問題のことです。この記事では、環境問題の主な種類と美しい地球を守るために私たちができる対策を紹介します。環境問題と真摯に向き合い、地球に優しい暮らしへの切り替えを進めたい人は、ぜひ参考にしてください。

日本と世界が抱える環境問題の種類

日本はもちろん世界中の国々において、さまざまな環境問題が起こっています。環境問題について正しく把握することは、地球に優しい行動を起こすための第一歩です。

地球温暖化

地球温暖化とは、「地球規模で平均気温が上昇し、気候が変化すること」です。地球温暖化が進むと生態系が変化したり、異常気象の発生リスクが高まったりといった深刻な悪影響が生じます。特に、「それまで収穫されていた農作物が育たなくなり収穫量が減少する」といった事態が世界各地で起こり得る点が、非常に懸念されています。これを原因に食糧不足が起こり、飢餓に苦しむ人が増加する恐れに直結するからです。

地球温暖化の主な原因は、過剰に増加した温室効果ガス(二酸化炭素・メタン・フロンなど)です。これにより地球から熱を逃がしづらくなり、温暖化が進みます。

気象庁によると2021年時点における世界の年平均気温は、統計をはじめた1891年以降、6番目に高い水準となりました。長期的に見ると100年に0.73度のペースで年平均気温が上昇しており、喫緊に解決すべき問題となっています。
(参照元:https://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/temp/an_wld.html

大気汚染

大気汚染とは、さまざまな汚染物質が空気を汚すことを指します。大気汚染の主な原因は、自動車・工場・家庭などから生み出される大気汚染物質です。人間の活動によって生み出された大気汚染物質が自然によって処理できる量を超えると、さまざまな公害が引き起こされます。

例えば、歴史的な建造物を溶かしたり農作物を枯らしたりする「酸性雨」は、大気汚染によって引き起こされた公害の1つです。人間の健康状態に大きな影響を与えかねない「光化学スモッグ」や「PM2.5」も、大気汚染の代表例として知られます。

アジア圏をはじめとする一部の地域では急速な工業化が進みつつあり、今後さらに多くの大気汚染物質が生み出される可能性も否めません。公害の深刻化を防止するためにも世界の国々が協力して、大気汚染対策を進める必要があります。

海洋汚染

海洋汚染とは、海に廃棄された有害物質によって海が汚染されることです。海洋汚染は主に、工場・家庭からの排水やプラスチックゴミが原因で起こります。

工場・家庭からの排水による海洋汚染は、ヘドロの堆積や赤潮・青潮を引き起こす原因の1つです。赤潮・青潮によって多くの酸素が消費されると、海中の酸素が著しく不足します。それにより多くの魚が死滅すれば、廃業せざるを得ない漁業者も出てくるでしょう。

また、海に廃棄されたプラスチックゴミをウミガメなどが食べれば、その生物が命を落とすこともあります。さらに、小さく砕けたプラスチックゴミを飲み込んだ魚を人間が食べれば、健康被害に発展する可能性も否めません。

気候変動

地球は絶えず「流入するエネルギー」と「流出するエネルギー」との間でバランスをとりながら、気候の変動を一定にしています。例えば、宇宙からやってきた太陽光エネルギーは、気流・海流・雲・雨などと共に地球を循環しながら、最終的には赤外線となって再び宇宙へ放出されます。このバランスが外的要因によって崩れて生じる自然界の変化が気候変動です。

気候変動は、深刻な干ばつ・歴史的な大雨・強風などを引き起こします。歴史的な大雨などでは、洪水のみならず、土砂災害といった二次災害にもつながります。インフラ設備が被害を受ければ、長期間の不便な生活を余儀なくされるでしょう。

過剰に増加した温室効果ガスは、気候変動の原因の1つです。人間がガソリン自動車に乗ったり化石燃料を使用したりする際に排出されます。人間が経済活動を行うには、ある程度の温室効果ガスの排出は避けられません。だからこそ、気候変動を食い止めるため、温室効果ガスの排出を最小限に抑えるための対策が急がれます。

森林破壊

森林破壊とは、伐採や火災などにより森林面積が減少することです。現在、地球の面積の約3割は森林地帯で、野生の生き物の重要な生息場所になっています。
(参照元:https://www.fao.org/forest-resources-assessment/2020/en/

森林破壊が進むと、野生の生き物が生息場所を失いかねません。生息場所を失った生き物が都市部に現れれば、害獣として殺処分されることもあります。

森林破壊の主な原因の1つに、「農牧用の土地などを確保する目的で、開発が急速に進められたこと」が挙げられます。また、インフラ整備のための開発や石炭・石油の採掘によっても、森林破壊が進んでいます。日本も採掘された石炭や農作物を輸入していることから、決して「森林破壊は他人事」とは言えないのです。

役割別Salesforce導入のメリット
もし戦国武将がITを活用していたら?

私たちができる対策

環境問題を解決するためには私たち一人ひとりが意識を変えて、地球に優しい行動を起こす必要があります。環境問題を解決するために私たちができる対策は、大きなことだけではありません。個人の力はわずかであっても、多くの人が行動を起こせば、よりよい未来につながるでしょう。

資源を大切に使う意識を持つ

電気や水を浪費すると、間接的に環境問題を悪化させます。普段から節電・節水を心掛けて、資源を大切に使いましょう。

例えば、家庭において年間で消費される電気のうち、約6%を待機電力が占めると言われます。
(参照元:https://www.eccj.or.jp/dict/pdf/17.pdf

使わない家電のスイッチをこまめに切ったりスイッチ切り替え式の電源タップを使ったりすると、待機電力を減らせます。照明を省エネタイプに切り替えるなど省エネ家電を使用することでも、普段の暮らしを大きく変えることなく、節電に取り組めます。

また、30秒間水を出しっ放しにすると約6リットルを浪費すると言われます。例えば歯磨きする際にもコップを使えば、3杯(600ミリリットル)程度の消費で済むでしょう。
(参照元:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/mizushigen/0000007380.html

水洗トイレの洗浄レバーは大小を適切に切り替えることで、簡単に節水できます。新築・リフォームする機会があれば、節水タイプのトイレを導入する方法もよいでしょう。

加えてレジ袋に使われているプラスチックも、重要な地球の資源です。買い物する際にはエコバッグを持参して、必要以上のレジ袋をもらわないように意識しましょう。

再生可能エネルギーの活用を行う

再生可能エネルギーとは、「温室効果ガスを排出しないように発電された電力」のことです。太陽光・風力発電が代表的です。例えば、家庭の屋根に太陽光パネルを設置し、太陽光によって生み出した電気を家庭で使えば、火力発電に極力頼らない暮らしを実現できます。

また、家庭に太陽熱温水器(太陽光の熱エネルギーを利用し、水をお湯に変える設備)を導入すれば、ガスの節約が可能です。太陽熱温水器で生み出したお湯を床暖房に使えば、さらにガスの節約効果も高まります。

太陽光パネルや太陽熱温水器の導入が難しい場合は、「再生可能エネルギーの活用に注力する企業」から電気を購入する方法も一案です。2016年の電力小売自由化によって一般家庭や個人商店でも、「どの企業から電気を買うか」を選択できるようになりました。一部の企業は「どの程度再生可能エネルギーによる発電を行っているか」をサイトで公表しています。現在契約している企業が再生可能エネルギーの活用に注力していない場合は、切り替えを検討してもよいでしょう。

まとめ

環境問題には、地球温暖化・大気汚染・海洋汚染などの種類があります。気候変動や森林破壊も、世界の国々で深刻視される環境問題の1つです。環境問題を放置すれば自然界や人々の暮らしに、多大な影響が及びます。一人ひとりが自分自身の行動を振り返り、「資源を大切に使う」「再生可能エネルギーを活用する」などの対策を取り入れることが、よりよい未来を作るための第一歩です。

人材難マーケットで勝ち抜く企業の黄金律

RECENT POST「コラム」の最新記事


環境問題の種類とは?地球のために私たちができること
メールマガジンのご案内

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング