メニュー

CRMとは?おすすめの顧客管理サービスを徹底解説

 2021.12.16  CLOUDIL 【クラウディル】

近年、営業活動においてシステム化を実践する企業が増えてきています。CRM(顧客関係管理)ツールの導入もそのひとつです。これまで人の手で行ってきた作業を、ツールを使って効率化することで、本来集中すべき営業活動に専念できます。この記事ではCRMの概要やCRMでできること、おすすめのサービスを紹介します。

CRMとは?

CRMとはCustomer Relationship Managementの略で、日本語では「顧客関係管理」と訳されます。本来CRMというのは見込み顧客や既存顧客を管理するためのマネジメント手法のひとつですが、近年では顧客情報を管理するためのITツールとしても認識されるようになっています。CRMで膨大な量の顧客情報をデータベース化して効率よく管理することで、営業やマーケティングといったあらゆる部門において、それらの情報を事業戦略に役立てることができます。また、顧客情報を一元管理して蓄積されたデータを分析していけば、商談やメルマガ配信といったアプローチの手法を顧客ごとに最適化することが可能です。それによって顧客との関係性が深まり、自社製品の愛用者が増えれば、結果的に収益のアップや顧客満足度の向上も期待できます。

もし戦国武将がITを活用していたら?
平成生まれのインサイトを引き出す6つの処方箋

CRMツール導入でできること

CRMツールを導入すると具体的にどのようなことができるのでしょうか。以下で詳しく解説します。

顧客データの一元管理が可能

これまで担当者個人や部門ごとにExcelなどで管理してきた顧客情報を1つのデータベースに集めて一元管理できます。取引先の会社名やメールアドレスのほか、商談内容など、顧客とのコミュニケーションによって得られた情報なども記録できます。

顧客データの検索性向上

会社名などを入力して条件を指定すれば、膨大なデータベースの中からでも簡単に該当する顧客データを検索できます。抽出した顧客データをCSVファイル形式でエクスポートし、分析に活用できるツールもあります。

メルマガ配信やステップメールの作成

CRMにはメール配信機能があり、イベント情報やキャンペーン情報などを特定した顧客に自動で送信してくれます。これまでメルマガを配信する際は、メールソフトのBCC機能やExcelのVBA機能、メルマガ配信サービスなどを利用してメーリングリストを作成・送信する方法が主流でした。しかし、CRMのメール配信機能を使えば、簡単にメールを一斉送信することが可能です。顧客の属性に応じて最適な内容のメールを送信できるほか、ステップメールや商談後のアフターケアメールなど、商談の進行状況に合わせたさまざまな配信設定も行えます。

自動メールの設定

顧客へのフォローメールを自動で配信したり、資料請求やセミナーのURL発行といった問い合わせに対して、自動で返信したりする機能です。問い合わせに回答する際の文面をテンプレートとして登録しておくこともできます。

おすすめのCRMツールとは

続いてはCRMの導入を検討している方に向け、おすすめのCRMツールを紹介します。自社に最適なツールを選ぶ際の参考にしてみてください。

Sales Cloud

株式会社セールスフォース・ドットコムが提供する、クラウドベースで顧客管理と営業支援ができるシステムです。見込み顧客の管理や案件管理、売上予測、レポートの作成・分析、ビジネス状況をリアルタイムで把握できるダッシュボードといった機能が搭載されています。また、AIが顧客データや営業活動の履歴から確度の高い顧客を分析し、優先順位の高い順にスコアリングしてくれます。担当者は商談につながる可能性の高い顧客だけに絞ってアプローチができるため効率的な営業活動が可能になるほか、売上予測の精度を高めることも可能です。

【料金プラン】

  • Essentials:ユーザー当たり月額3,000 円(税抜)
    ユーザー数10名までのシンプルなプランです。ガイド付きセットアップやアプリ内のチュートリアルを活用してすぐに使い始めることができます。
  • Professional:ユーザー当たり月額9,000 円(税抜)
    あらゆる規模のチームに対応したプランで、すべての営業サイクルを一括管理できます。
  • Enterprise:ユーザー当たり月額1万8,000円(税抜)
    自社に合わせて細かなカスタマイズができる一番人気のプランです。ワークフローを用いた業務プロセスの自動化や、APIを利用した任意システムとの連携など、より幅広い機能が利用できます。
  • Unlimited:ユーザー当たり月額3万6,000 円(税抜)
    最も多機能なプランで、無制限のオンライントレーニングや24時間年中無休のフリーダイヤルサポートが受けられるほか、カスタムアプリも無制限で構築できます。

BowNow

BowNow(バウナウ)は一部機能が無料で使えるMA(マーケティングオートメーション)ツールです。CRMと似たような特徴を持ちますが、既存顧客よりも見込み顧客に対してのアプローチに特化しているのが特徴です。保有している顧客リストやWebサイトからアプローチすべき顧客を自動で抽出し、効率的に商談の機会を生み出します。メール配信や追客アラート、商談履歴管理といった機能のほか、サイトの訪問者に企業情報を付与する機能や、アクセスログを解析できる機能があります。

【料金プラン】

  • フリー:月額0円(税抜)
  • エントリー:月額5,000円(税抜)
  • ライト:月額2万円(税抜)
  • スタンダード:月額3万円(税抜)

基本機能が全て利用できるのはライトプランからで、フォーム作成と登録ドメイン数も無制限です。フリープランやエントリープランでは作成できるフォームが1フォームまで、登録ドメインも1ドメインまでといった制限があります。フリープランで使い勝手や効果を見極め、使いこなせるようになってきてから有料プランを検討するのもおすすめです。

オプションとして以下の従量課金が発生します。

  • リード数:1万円/5,000件
  • PV数:1万円/5万PV

MicoCloud(旧AURA)

MicoCloud(ミコクラウド)はMicoworks株式会社が提供しているマーケティングツールです。現代社会で多くの人が利用しているメッセンジャーアプリ「LINE」を活用したCRM×LINEを掲げ、顧客管理からマーケティングまで行えます。LINE上でボットによる顧客対応を24時間365日行えることから、人件費の削減や従業員の負担軽減も期待できます。メッセージの開封率やクリック率もわかるので、マーケティング効果の分析にも便利です。

【料金プラン】
要問い合わせ

Hubspot

アメリカに本社を構えるHubSpot社が提供するCRMプラットフォームです。MAソフトの「Marketing Hub™」、営業支援CRMの「Sales Hub™」、カスタマーサービスソフトの「Services Hub™」、コンテンツ管理ソフトの「CMS Hub™」、オペレーション支援ソフトの「Operations Hub™」といった各種ツールがあります。各々のソフトは単体でも業務効率化につながりますが、組み合わせることでさらなる効果を発揮します。

【料金プラン】

  • Marketing Hub™
    Starter:月額5,400円
    Professional:月額9万6,000円
    Enterprise:月額38万4,000円
  • Sales Hub™
    Starter:月額5,400円
    Professional:月額5万4,000円
    Enterprise:月額14万4,000円
  • Service Hub™
    Starter:月額5,400円
    Professional:月額4万3,200円
    Enterprise:月額14万4,000円
  • CMS Hub®
    Starter:月額2,700円
    Professional:月額4万3,200円
    Enterprise:月額14万4,000円
  • Operations Hub™
    Starter:月額5,400円
    Professional:月額8万6,400円
    Enterprise:月額24万円

Sansan

名刺管理ツールとして有名な「Sansan」ですが、実はCRM機能も兼ね備えています。受け取った名刺でデータベースを構築できるだけでなく、API連携でSFAやMAなど他システムとデータを統合することも可能です。自動クレンジングによってデータの重複を防いでくれるため、入力工数を大幅に削減できます。また、名刺交換した人の人事異動に関する情報や企業の最新ニュースをリアルタイムで通知してくれる機能や、直近の名刺交換の傾向からAIが次に会うべき人をレコメンドしてくれる機能などがあります。

【料金プラン】
プランはLite、Standard、DXの3種類があります。料金は要問い合わせで、見積依頼書を提出すれば最適なプランを紹介してもらえます。

まとめ

営業やマーケティングといった部門において、これからの時代を生き抜くためには適切な顧客管理を行うことが不可欠です。今回の記事で紹介したようにCRMツールには各社それぞれ強みがあるため、自社に最適なものをきちんと見極めて導入しましょう。CRMツールを活用することで利益の創出や業務効率化にもつながるため、導入に迷われてる方はぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

営業の現場力を鍛えれば、売上げが伸びる。そして、ビジネスが変わる。

RECENT POST「コラム」の最新記事


CRMとは?おすすめの顧客管理サービスを徹底解説
メールマガジンのご案内

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング