メニュー

データドリブンなビジネス戦略とは?DX時代に知るべき経営手法

 2021.11.30  CLOUDIL 【クラウディル】

DXなどの言葉に象徴されるようにICTを活用する機運が社会的に高まる中、「データドリブン」というビジネスモデルが注目を集めています。本記事では、データドリブン経営の概要やそのメリット、成功のためのポイントなどについて解説します。

データドリブンとは

「データドリブン(Data driven)」とは、日本語にすると「データによって動かされる」ことを意味します。つまり、データドリブン経営とは、膨大かつ多種多様なデータ(ビッグデータ)を活用し、それをビジネスの原動力とする経営手法のことです。
例えばデータドリブンの分かりやすい事例としては、自社の売り上げデータや社外の統計情報などを基に消費者の購買傾向を分析し、それに沿った商品・サービス戦略に注力することが挙げられます。このようにデータドリブン経営においては、自社の内外から取得したデータを解析し、曖昧な経験則や勘ではなく、データに基づいた論理的な経営判断をすることが重視されます。

もし戦国武将がITを活用していたら?
平成生まれのインサイトを引き出す6つの処方箋

データドリブン経営の重要性とは

上記のように、データドリブン経営とはデータ分析の結果を経営判断に活用するビジネスモデルです。データドリブン経営がビジネスにおいて重要視される理由は、主に2つ挙げられます。
ひとつには、自社の現状を正確に把握できること。そしてもうひとつは、ビジネスの意思決定プロセスを透明化し、経営者の経験則や勘などの属人的な要素に左右されにくい安定的な経営が実現できることです。

重要ポイント1:自社の現状を可視化できる

データドリブン経営は、自社の内外から豊富なデータを収集し、それを分析することを出発点とします。そしてその分析プロセスにおいては、さまざまな観点から自社の現状や強み、課題などを可視化することが可能です。
自社の現状がどうなっているのか正確に把握しないことには、進むべき方向も定まりません。また、自社の成功がどのような理由によって可能になっているのか正しく理解していなければ、成功に再現性が生まれません。データの収集・分析をすることで、自社の置かれた現状を客観的に把握し、しっかりと指針を定めて問題解決に取り組めます。

重要ポイント2:意思決定プロセスを透明化できる

また、データドリブン経営は、一部の経営層の経験則や直感など、曖昧さを含んだ属人的な組織運営から企業を解放します。というのも、高度なAIやBIツールなどを活用して導き出された分析結果や提案は、誰もが共有できる共通の指標であるからです。
もちろん、経営者の優れたインスピレーションが事業の成功を生んだ事例はたくさんあるでしょう。しかし事業が大きくなればなるほど、株主や従業員、顧客や取引先など関係する人々の合意を得る重要性は高まります。その際、データの裏付けがあれば、経営者の意思決定に根拠と説得力が付与され、組織の意思統一を図りやすくなります。

データドリブン経営が注目されている理由

データドリブン経営がいま注目されている理由としては、以下のことが挙げられます。

顧客ニーズの多様化

インターネットが普及して誰もがさまざまな情報にアクセスできるようになった現在、顧客の価値観やニーズは多様化し、購買活動は複雑化しています。商品選択の主導権はもはや消費者側に映っており、企業側の価値観を押し付けるようなビジネスの仕方では、あっという間に消費者は離れてしまいます。顧客ニーズや市場動向を正確に把握し、顧客目線のビジネスを展開するために、データに基づいた経営がまさに求められているのです。

データ分析やITを導入する企業の増加

社会全体でICT活用を進めていく機運が高まっていることも、データドリブン経営に注目が集まっている理由のひとつです。ICTの発達と共にビッグデータの取得が容易になり、AIやBIなどの分析ツールも充実した今、データ分析の精度や有用性は非常に向上しています。そのような状況ゆえに、ビジネスにデータ分析を役立てようという企業も増加しており、それが今日データドリブン経営に注目が集まる土台となっています。

マーケティングや営業戦略で効果が高い

マーケティングや営業戦略での効果が高いこともデータドリブンが注目されている理由に挙げられます。ネットビジネスが普及した現在、企業は顧客の行動データをWeb上で豊富に取得できるようになりました。得られるデータが増えれば、それだけビジネスに活かせるヒントも増え、成果も上げやすくなります。データドリブンな思考は、企業のデジタル戦略の核心を成すものとさえ言えるでしょう。

データドリブンを成功させる要素

データドリブン経営を成功させるには、主に以下の要素を備える必要があります。

成功要素1:部門横断的に取り組む

第一のポイントは、データドリブン経営は企業全体で取り組まなければならないということです。たとえば、いくらマーケティング部門が顧客ニーズを把握していても、その情報が開発部門と共有されていなければ、肝心の商品はそこからズレたものになってしまいます。日本企業は往々にして縦割りで構成されており、データも部門ごとに管理されている場合が多いですが、データドリブン経営においては、部門横断的にデータの共有や活用を進めなければなりません。

成功要素2:専門人材の確保

第二のポイントは、データ分析やその分析結果に基づいたビジネス戦略を案出できるスキルを持った専門人材の確保です。データは集めるだけでは意味がなく、またいくらデータを分析しても、それを自社の利益に結びつけなければ仕方ありません。データドリブン経営を実現するには、データ加工や統計学、AI技術などのデータサイエンスに関する知識や、データ分析を顧客の獲得に繫げるマーケティングスキル、そしてデータ分析の結果をビジネス戦略に結び付ける専門人材の働きが重要です。

DX時代に重要視される価値観とは

データドリブン経営を進めていく上では、今のDX時代において重要視される価値観を押さえることも大切です。

顧客体験の向上

まず守るべきは、顧客体験(CX)を重視することです。顧客体験とは、消費者が企業やその商品・サービスを知ってから購入し、離れるまでの一連の体験ないしは体験価値を意味します。顧客体験を向上させるには、商品やサービスの販売時だけでなく、そこに至るまでのマーケティング戦略、あるいは販売後のカスタマーサポートまで含めた総合的なビジネス戦略が求められます。

伝統を破る

新しい技術を積極的に導入するなど、伝統に縛られない新しいビジネス戦略に取り組むことも大切です。現在はICT技術の急速な発展に加え、新型コロナウイルスのパンデミックによる社会情勢の変化によってビジネスモデルの大きな変革が求められています。刻々と変化する社会状況に適応するためには、旧来の発想にとらわれない柔軟な経営姿勢を持つことが重要です。

テクノロジーを掛け合わせる

データドリブン経営を効果的に進めるためには、テクノロジーの活用が欠かせません。例えばさまざまな機器にインターネットへの接続機能を持たせるIoT技術は、今までにない規模でビッグデータの取得を可能にします。そしてビッグデータからビジネスにおいて有用な情報を抽出するには、AIが大きな力を発揮します。あるいは、クラウド技術の活用もDXを進める上で非常に大きなファクターです。データドリブン経営の効果を最大化するには、こうした複数のテクノロジーを掛け合わせる必要があります。

まとめ

本記事では、データドリブン経営の概要や、成功のためのポイントなどについて解説しました。データドリブン経営とは社内外から取得したビッグデータを活用し、経営戦略の原動力とするビジネスモデルを意味します。データドリブン経営を実現するには、部門横断的なデータ活用や、専門的なスキルを持った人材の確保が大切です。本記事を参考に、ぜひデータドリブン経営を実現してください。

もし戦国武将がITを活用していたら?

RECENT POST「コラム」の最新記事


データドリブンなビジネス戦略とは?DX時代に知るべき経営手法
メールマガジンのご案内

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング