メニュー

事例でわかるデータドリブンとは?DX時代の経営で必須の考え方

 2021.12.16  CLOUDIL 【クラウディル】

データドリブンは英記で「Data Driven」と書き、主に計算科学分野やマーケティング分野などで使われてきた言葉で、収集データから傾向や特徴を分析し、出力したデータに再度分析を重ねることで、活用する方法です。企業などではDX(デジタルトランスフォーメーション)を新たに導入し、クラウド技術やデータ分析の進化とともにビッグデータを分析し活用しています。また、企業経営においてデータドリブンの認識が高まり企業領域の蓄積データを企業活動に取り入れる動きが広がり始め、注視される考え方です。ここの記事ではDX時代の企業経営で必須の考え方およびデータドリブンに関する事例を参考に解説していきます。

データドリブンとは

データドリブンは出力データを基に意思決定や企画が立ち上げられる方法で、必要に応じて蓄積や収集データを分析・活用することです。さらに出力データを基に分析を重ね、精度よい結果データを出力してくれる技術でもあります。また、データを根拠に説明が行え、経験ではなく論理的な答えを出しながら進めることで施策実行後に、効果を見極められるのがデータドリブンです。データの根拠に基づき活用することで関係者からの納得が得られやすくなります。

もし戦国武将がITを活用していたら?
平成生まれのインサイトを引き出す6つの処方箋

データドリブン経営とは

データドリブン経営はビックデータ分析を取り入れ、活用した経営判断になります。データドリブンは扱いが困難だった膨大なビックデータを分析・活用し、マーケティングや営業、顧客管理に応用されることが多い技術です。ビジネスの世界ではデータを日常的に扱い、様々なマーケティング分野で活用され、経営分野でもデータ解析結果を経営判断に活用する考え方が広がっています。企業経営はビックデータ分析の活用に注視し、根拠に基づく意思決定は重要な場面でのリスクを低減させる効果があり重要です。

データドリブンが注目されている理由

データドリブンはデータの活用やIT技術の進歩に伴い、企業はユーザーや顧客の情報をより細かく収集ができるようになった背景があります。また顧客ニーズの多様化に伴い、年齢や性別などのデモグラフィックのデータのみならず、嗜好や価値観などのサイコグラフィックまで、データ分析が必要になるからです。データ分析の手法も精度が向上し、仮説や経験上の検証やエビデンスではなく、より新しい発見を目的にデータ分析が効果的と気付き始めています。

国内企業の事例

データドリブンを新たに導入し実行させた5つの国内企業の事例を交えて解説します。データドリブンを取り入れるためには相応しい組織構築が必要です。企業にとって組織はデータドリブンに取り組み、業務改善ができる体制作りの事例になります。また、部門を超えた分析体制の構築によってデータ分析の結果をビジネスの参考にします。最終的に経営方針に反映させることが可能です。

株式会社ウィルゲート

株式会社ウィルゲートは渋谷に本社を置き、コンサルタントやメディア事業を展開しています。データドリブンを導入したきっかけは「スタッフ一人ひとりが正しく適切な時間の使い方を実現するという文化を創り出し定着させること」新たな効率が良い仕組みです。そこで、現状の正確な把握を行うために日々の活動データをシステムに登録し可視化する取り組みに着手します。まず、マーケティング部門内にデータ分析に特化した戦略チームを立ち上げ、経営部門のマネージャーといった管理者と現場内における20代の業務担当者がデータ活用・管理体制構築を始めたのがきっかけです。これにより現場に近い層までデータの重要性を理解する文化が構築され始めます。また、データドリブンを実行するために社内の理解を集め、必要なツールを導入して、「社内理解」と「ツール」の両方を備えて行った成功事例です。

UPWARD株式会社

UPWARD株式会社は訪問営業支援クラウドサービスの開発、販売を手掛ける会社です。データドリブンの取り入れは、従来利用してきたCRMとメール配信による営業での連携に手間がかかっていた背景があります。そこでSalesforce CRMからメールを配信することでエンゲージメントを可視化し、さらにWebでのマーケティングを加えるため新たなツールを導入させた取り組みです。その結果、スコアリングやメールマーケティング、フック後のアプローチでの見込み顧客を獲得し、購買に向けた次のステップへとつながる仕組みを構築し、部門を超えて効果を上げるデータドリブンの新たな組織作りに成功します。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは運営元である合同会社ユー・エス・ジェイがデータドリブンに取り組んでマーケティングを行っています。データドリブンの導入は従来の伝統的なマーケティング手法に比べ、長期的に効果的なマーケティングを実現させるために浸透させた取り組みです。先だってビジネス全体を一つずつ変革し「顧客の全データを手に入れる」のが目的になります。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは当日も含め、チケット購入などオフラインのみで完結する利用者が多かったので、Web予約の改善に取り組むことで、ECサイトでのチケット販売が年々増し占める割合が倍増です。また、スマートゲートの導入をきっかけに入場者の導線上でデータ収集が行えるようになり、データ分析の結果を新たにマーケティング分野に活用できるようになります。その結果、新たな知識を学び二次的な効果が得られた事例です。

JTBグループ

JTBは収集データを分析・活用して業績向上を目的としてデータドリブンを取り込んだ旅行会社です。JTBはDMP基盤のデータを活用し、顧客の渡航目的や購買動機を割り出し、得られたデータを各施策に取り込んだデータドリブン・マーケティングを実行し始めます。JTBはデータドリブンを行うために必要な組織を創り上げ、DMPを基盤にしたデータの統合・分析を行い、新たな施策を生み出せる体制を構築させた仕組みです。また、データドリブンの連続性を得られるために「3ヶ月毎に成果を検証する」環境を手掛け、統合データ基盤や顧客分析、マーケティング・アクションから成る3つのチームを構築しました。その結果、データから経営や顧客のニーズ、課題を考えられるチーム構成になり、データを読み解き、顧客の購買心理を深めて業務フローに取り組んで成功した事例です。

三菱地所リアルエステートサービス株式会社

三菱地所リアルエステートサービス株式会社はBtoB向け専業の不動産サービスを展開する会社です。同社は企業が抱える経営課題解決に向けた不動産ソリューションを手掛け全国に対応した不動産の売買・賃貸仲介などを行っています。営業部門の組織改革に取り組み、サービスやスピードの向上などを向上すべくデータドリブンを取り入れた企業です。部署間の連携のためにデジタル戦略部を発足させ、営業部には新たなツールを導入させて取り組みを実施させます。また、AI活用も視野に入れたデータ分析環境を構築し、多様なニーズや課題を持つ顧客に対して関連部署と情報共有することでクロスセルやアップセルに繋がる仕組みを作り上げ、結果としてお客様の満足度が向上するなど一定の成果を得ることに成功した事例です。

まとめ

データドリブンは、新たなデータとして活用する方法です。データドリブン経営において、ビックデータ分析の結果に基づき経営判断ができるので、見えないリスクに備えることができます。データドリブンを実施・導入を成功させた国内企業の事例を参考にして、注目を集めている理由を知ることも重要です。また、事例を踏まえDX時代の経営でデータドリブンの考え方は必須になります。

中小事業者困ったときのDX事典

RECENT POST「コラム」の最新記事


事例でわかるデータドリブンとは?DX時代の経営で必須の考え方
メールマガジンのご案内

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング