クラウドの仕組みとは?種類やメリットも解説 | CLOUDIL 【クラウディル】

メニュー

クラウドの仕組みとは?種類やメリットも解説

 2021.12.01  CLOUDIL 【クラウディル】

近年、クラウドの導入によって業務の効率化を検討している企業が多くなってきています。しかし、仕組みが複雑であり、クラウドサービスの形態によって特徴が異なります。そこで、クラウド導入を検討している企業のIT担当者に向けて、クラウドの概要や導入する理由、サービス形態の種類、メリット・デメリットについて解説していきます。

クラウドとは?導入でなにが変わるのか

クラウドとはクラウドコンピューティングの略語で、ネットワークを雲に見立てて説明したことに由来します。現在は、クラウド型とオンプレミス型(非クラウド型)のIT系サービスがあり、それぞれ形態が異なります。

クラウドコンピューティングでは、インターネットを介してサービスの利用に必要なソフトウェアやインフラをどこからでも利用できる点が特徴です。ツールやサーバー自体は一元管理された形でデータセンターなどに設置されていて、ユーザーはサービスを使いたいときだけフレキシブルに利用できます。

ユーザーが使いやすいユーザーインターフェースに優れた操作画面が用意されているため、ITの知識があまりない人でも使いやすいサービスが多数リリースされています。また、クラウドを導入する初期費用や管理コストが従来よりも大幅に軽減されているため、設備投資のコスト削減にもつながる点が魅力です。

一方、オンプレミス型のサービスは、専用のソフトウェアやサーバー構築など、利用するユーザー側が様々な運用環境を準備する必要があります。クラウド型が普及するまではこちらが一般的でしたが、多額の費用や準備をする手間と時間がかかり、さらに環境を構築するための知識もある程度求められるため、ITに詳しい人材がいない場合の導入は困難を極めます。

もし戦国武将がITを活用していたら?
平成生まれのインサイトを引き出す6つの処方箋

クラウドサービス利用の仕組み

クラウドサービスのプラットフォームやデータは、サービスの提供会社が管理するサーバーに保管されています。ユーザーはインターネットを介してサーバーにアクセスし、自分のPC上でサービスを受けられます。

たとえば、ショッピングサイトの場合で考えてみると、IDとパスワード、インターネットにつながる端末さえ揃っていれば、サービスの提供会社が管理するサーバーに保管されている自分のページ(情報)にアクセスできます。このようにネットワークを介してサービスを利用できることから、クラウドはテレワークの普及においても活躍しました。

その一方で、多数のユーザーが同じサーバーを使用できるため、セキュリティ面で不安を抱える企業も多いでしょう。現在は、システム側のセキュリティ性を向上させる工夫として、ログイン認証を多様な方式で実施できるような仕組みが多くのサービスで採用されています。

クラウドの種類

クラウドを提供する主なサービスは3つに分類でき、それぞれ提供する内容が異なります。いずれもクラウドにおいて重要な役割を果たします。

SaaS(Software as a Service)

SaaSはソフトウェアをメインに提供するサービスです。従来なら物理的にパッケージ化されて販売されていた製品をオンライン上で簡単に利用できる形で提供しています。クラウド上でデータの保存や共有、編集が可能で、端末さえあれば場所を選ばずにアクセスできるため、テレワーク環境での共同作業などで活用されています。オンラインで使えるメール、チャットやグループウェア、ストレージなどはSaaSに分類されます。

PaaS(Platform as a Service)

PaaSはオンライン上で開発者向け環境を提供するサービスです。システムやアプリを開発するにはサーバシステムなどが必要ですが、これをネット上で提供しています。開発側にとって、自社で環境を一から整えなくてもプログラミング開発ができるという点で都合がよく、従来と比較して初期コストが軽減されていて導入しやすい点がメリットです。また、使った分だけ費用がかかる従量課金制度が採用されていることが多く、ムダなコストが発生しにくいのも特徴です。

IaaS (Infrastructure as a Service)

オンライン上に仮想サーバーやITインフラといったリソースを提供するサービスです。主にITの専門知識が豊富なエンジニア向けに提供されており、システムやアプリなどの開発目的で利用されます。

社内にオンプレミス型のサービスを導入する場合、サーバーなどのITインフラを構築しなければならず、ハードウェアを購入して室内に設置したり配線を整えたりといった作業が必要でした。しかし、リソースをクラウド化するIaaSが登場した結果、オンプレミス型のサービスを導入する際に必要だった物理的な環境構築が不要になりました。また、IaaSを提供する企業が一括してリソースを提供するスケールメリットによって自社で環境を用意するよりも格段に安価なコストで導入可能である点も見逃せません。IaaSには、オブジェクトストレージや仮想サーバーの提供といったサービスがあります。

クラウド誕生の背景とは

ユーザーごとに割り当てられた領域にソフトウェアやデータセンタ―を構築して利用する従来のオンプレミス型の運用は、コストやリソースの無駄などが発生していました。これらの問題を解決し、より多くの人がインターネットの恩恵を受けられるように、仮想化と呼ばれる技術によってネットワーク上にソフトウェアやデータを配置し、オンライン環境があればどこでも簡単に使える運用へと発展しました。

オンラインでデータを利用できる仕組み自体は命名される前から存在していましたが、当時の米Google社SEOエリック・シュミット氏が命名したことで一気に広まりを見せました。クラウドコンピューティングはリソースを必要なときに必要なだけ提供する現代に必要不可欠なITインフラであり、オンライン上でメールやチャットを利用したり、仮想サーバーやシステムなど柔軟な開発環境を使ったりできるなど、なくてはならない運用手法として地位を確立しています。

クラウドサービスのメリット

クラウドサービスの導入は企業に多くのメリットをもたらします。大前提として、ソフトウェアや開発環境の導入が必要になったときは必ず初期費用が求められます。従来のオンプレミス環境では物理的な設備の用意が必要であり、その導入コストは高いと言わざるを得ませんでした。しかし、クラウドサービスは、スケールメリットにより導入コストが大幅に抑えられています。また、無料利用の期間が設けられているサービスを試用してみれば、事業や勤務形態との相性などを確認できることから実際の導入効果を検討できるのも強みでしょう。

加えて、オンプレミスではセキュリティやバージョンの更新が担当者の負担でしたが、クラウドサービスは常に最新の状態を保ってくれます。特にセキュリティ水準は高く、安心して利用できる環境が整っています。

ほかにもオンライン環境にアクセスできる端末さえあれば、場所を問わずにクラウドを利用できる点がメリットです。移動や待ち時間などのちょっとした合間やテレワーク環境での利用にも適していて、業務の効率化が推進されます。また、クラウドサービスを利用するアカウント数はプランによって変わりますが、接続するデバイスの種類や数には制限がありません。

そして、クラウドのデータサーバーは災害に強い構造の建物に設置されているという点も重要です。データ消失のリスクが低いため、BCP対策になります。自社で設備の用意が不要なことや社外での業務遂行が可能である点も事業の継続性の面で見ればメリットです。

クラウドサービスのデメリット

便利な面が多くありますが、もちろんデメリットもあります。まずオンプレミスのサービスと比べるとカスタマイズ性が低い傾向にあり、一般的に提供者側の仕様を超えるカスタマイズやサービスを受けることはできません。自社の都合に徹底して合わせた仕様にしたい場合はオンプレミスが向いています。

セキュリティ面も提供者側でしっかり対策されてはいますが、見方を変えればベンダー側に依存している状態とも言えます。利用者側としても、サービスを導入する前にどのようなセキュリティ環境が構築されているのかを調査し、信頼性が高いことを確認しておきましょう。

最後に、クラウドであるため、オフラインでは基本利用できないという弱みがあります。常時オンライン環境で利用できるなら問題はありませんが、そうでない場合は業務が滞ってしまうでしょう。

まとめ

クラウドは、物理的に設備を用意するオンプレミス型の運用とは異なり、サーバー常に用意された設備をオンラインから利用できる形にしたサービス全般を指します。クラウドサービスを利用すれば自社で物理的な設備を構築しなくてもよくなるため、初期コストを抑えたソフトウェアや開発環境の導入が可能です。オンプレミスほどカスタマイズ性が高くない点や、常時オンライン環境にできない場合は使い勝手が悪いですが、条件さえ合えばBCP対策としても機能するなどクラウドを利用するメリットは多いと言えるでしょう。

役割別Salesforce導入のメリット

RECENT POST「コラム」の最新記事


クラウドの仕組みとは?種類やメリットも解説