メニュー

生産管理とは?製造業に求められる生産管理のあり方

 2022.05.31  CLOUDIL 【クラウディル】

近年、製造業において生産管理のシステム化を図る企業が増えています。製造業の生産管理は対象の範囲が広く、業務フローも複雑になりがちです。生産管理システムの導入は、製造業の抱えるさまざまな課題解決に役立ちます。これまで手作業で行ってきた生産管理にクラウを取り入れれば、さまざまなメリットが得られるでしょう。

「生産管理」とは?

生産管理とは、生産計画の立案から進捗状況、納品作業までの工程を管理する業務のことです。生産管理における重要な3つの要素が、「品質 (Quality)・コスト (Cost)・納期(Delivery)」です。このQDCのバランスがうまく取れるようになると、業務効率化と顧客満足度の向上により利益の最大化が見込めるようになります。

2025年の崖が目前となった現在では、業務効率化を喫緊の課題とする企業も少なくないでしょう。不確実性の高い現代社会でビジネスを成功に導くには、現状を正しく把握したうえでプロセスを修正することや、効果検証に基づいて改善策を講じる必要があります。このように、工程すべての計画と管理を担う重要な業務が生産管理なのです。

役割別Salesforce導入のメリット
人材難マーケットで勝ち抜く企業の黄金律

生産管理で行う業務はどんなものか

上述したように、生産活動の根幹とも言える生産管理は、製造業において不可欠な業務です。業務効率を考えるうえで、業務フローを見直してムダな作業を省いていく「単純化」や、「どの従業員が業務を遂行しても一定の基準で進めていける「標準化」といった考え方を取り入れていく必要もあるでしょう。

また、生産管理ではモノの管理だけでなく、生産活動に関わる多くのヒトを管理することも重要です。ヒトの管理を含め、ここからは生産管理の業務内容について、大まかな4つのステップに分けて解説していきます。

生産管理の業務内容①需要を予測する

生産管理における最初の業務は、「どの製品がどれほど売れるか」といった需要の予測を立てることです。企業の利益を最大化するためには、在庫過多による管理コストの削減や欠品による機会損失を可能な限り回避しなくてはなりません。

保存された過去のデータから傾向を読み取り、季節ごとの需要変動を分析したうえで長期的・短期的な予測を立てていきます。業界により程度は異なるものの、景気変動により受ける影響にも考慮が必要です。さまざまな要素を踏まえて、市場においてどれだけ製品が販売できるかという予測から生産数を調整します。

これまで、需要予測はベテラン従業員の経験や直感により意思決定を行ってきました。しかし、競争が激化する現代では、いかにリスクを減らして利益につなげていくかが、ビジネスの発展を大きく左右するといっても過言ではないでしょう。

生産管理の業務内容②生産計画を立てる

生産計画を策定する際は、「人(Man)・設備(Machine)・手順(Method)・原材料(Material)」といった4Mの適切な管理が求められます。つまり生産部門だけでなく、関連する部門すべての状況を理解したうえで、「どの製品をいつまでにどれほど生産するのか」「必要な材料をどこからいくらで仕入れるのか」を需要予測に基づいて行うのが生産計画です。

納期の遅延を引き起こさないために、自社の生産能力を正しく把握することも大切です。さまざまな要素が絡んでくる生産計画は、重要度が高く非常に難しい業務なため、多くの担当者を悩ませていることでしょう。その点で、生産管理システムの導入は、精度の高い生産計画の実現にも大きく貢献します。

生産管理の業務内容③実際に生産を行う

生産の段階では、生産計画に沿って業務を遂行できるよう指示を行います。生産指示は製造におけるすべての工程において適切なタイミングで行わなければなりません。受注した製品に対して、原材料調達や部品準備が可能なものから順次、生産の指示を出します。

納期や完成までに必要な時間や数のほか、不良品の発生や仕様の変更などイレギュラーな事態にも対応できるよう、生産時間には余裕を持たせることが大切です。慢性的な納期の遅れは、市場の信用を失う原因となります。優先順位の見極めや問題が早期に解決できるよう、適切に進捗管理を行うようにしましょう。

生産管理の業務内容④生産をコントロールする

生産が計画どおりに進められず、遅延を引き起こしてしまった場合には、「具体的にどこに問題点があったのか」を究明する必要があります。調達・製造・出荷それぞれのリードタイムを把握して、どの部分に無理が生じていたのかを洗い出し、改善につなげていくことでコントロールを図ります。

なかなか改善できない場合、目に見えない問題が遅延の原因になっているかもしれません。業務フローを見える化すれば、生産をうまくコントロールしてQCDの最適化を実現しやすくなるでしょう。なお、納期を管理する際には、QCDに対する意識だけでなく、従業員に負荷がかかり過ぎないよう、安全面への配慮も忘れてはいけません。

製造業に求められる「生産管理のあり方」

製造業における在庫管理には、最終的に完成した製品だけでなく、原材料や部品なども含まれます。そのため、業種によっては生産活動と同様に在庫管理は重要な業務になってきます。需要に応じた適切な在庫管理ができていないと、さまざまなムダを抱えたり機会損失を招いたりと、安定したビジネスを継続していくのが困難になってしまうのです。

また、企業の利益を最大化していくには、製品の品質維持・向上も重要な課題です。市場で高い評価を集めるには、顧客の満足度が高まる製品を提供し続ける必要があります。業務の品質は、高品質な製品の製造に直結するとも言えるでしょう。そのため、「従業員の誰もが能力を十分に発揮できるような状況づくり」を目指し、業務改善を意識することも大切です。

生産管理の問題が解決できないと、事業にさまざまなリスクが生じます。不確実性の時代とも言われている昨今では、これまでの経験や勘に頼った判断が通用しづらくなっています。複雑な業務フローを標準化できず、組織のパフォーマンスも最大化できないままでは、納期の遅延が多発するといったトラブルも引き起こしかねないのです。

生産に関連するすべての部署の状況を正しく把握し、スムーズに連携を図りたいと考える企業も少なくないでしょう。これらの課題解決に有用なのが生産管理システムです。効率化が実現すれば、納期遅れの問題は解消しやすくなります。安定的に品質を維持できれば顧客満足度が高まり、リピート化も見込めます。さらに、適切な在庫管理が可能になればコストの削減まで期待できるのです。

人手不足の問題を抱える製造業にとって、生産管理オペレーションの最適化は、製造業の「ムリ・ムダ・ムラ」を排除するために不可欠であり、生産管理システムの必要性は今後ますます高まってくると予測されます。

中小〜中堅企業が使用する生産管理システムの種類

企業規模が大きくなるにつれ、生産管理は複雑化していく傾向があります。生産管理システムを比較検討する際には、企業規模と業種、業態、生産方式に合うシステムであるかどうかを見極めなくてはなりません。

ひと口に生産管理ソフトといってもいくつかの種類があります。主に中小企業向けとしてリリースされているのは、特定の業種や生産方式に特化した「ライン生産」に対応するシステムです。比較的導入コストが低く、製品ごとの加工手順が同じ場合や、異なる製品を同じラインで生産する際にも段取りの変更を必要としないケースに適しています。

中堅以上の企業で、複数の事業を展開している場合には「ロット生産」に対応したシステムが適しています。加工手順や段取りの変更に対応する機能を搭載したシステムは、導入コストがやや高くなりがちです。しかし、製品ごとに専用ラインを設置すると採算が取れないなどの課題解決に大きく貢献してくれるため、長期的な視点でコストの削減に期待できるでしょう。

また「個別生産」に対応しているシステムもあります。顧客の要望ごとに製品を製造する企業の場合、生産管理はより複雑になりがちです。受注から納品までを一括で管理できる生産システムを活用すれば、細かい仕様変更もスムーズに実行可能です。製造から納期までのスケージュールを効率よく立てていくために、経営資源を管理するERPに対応したシステムの導入もおすすめです。

まとめ

生産管理の業務において、品質とコスト、納期のバランスは非常に重要です。生産管理オペレーションを最適化すれば、業務効率化や顧客満足度の向上は実現しやすくなります。不確実性の高い現代において、企業が利益の最大化を目指すためには、需給予測の精度を高めてリスクを最小減に抑えなくてはなりません。

また、業務の標準化や適切な在庫管理も定量に基づいた判断が求められます。現在では、複雑な生産管理をスムーズにするクラウドサービスが、数多くリリースされています。高度なITスキルを持つ人材が不足している企業でも導入しやすいクラウドサービスであれば、大きなメリットを享受できるでしょう。

営業の現場力を鍛えれば、売上げが伸びる。そして、ビジネスが変わる。

RECENT POST「コラム」の最新記事


生産管理とは?製造業に求められる生産管理のあり方
メールマガジンのご案内

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング