メニュー

製造業における生産管理とは?工程管理と在庫管理の違いと役割を解説

 2022.04.04  CLOUDIL 【クラウディル】

製造業において、生産管理は重要な業務の1つです。適切な生産管理が行われていないと、品質の低下や納期の遅延などさまざまなリスクが発生します。本記事では、製造業における生産管理がどのようなものなのか、工程管理や在庫管理との違い、役割などについて解説をします。

生産管理とは?

製造業に携わる企業が生産管理に注力するのは、製品の品質に大きく関わるためです。また、管理が疎かになると、コストの高騰や納期遅延などが生じる可能性もあります。まずは、製造業における生産管理の基礎知識と、必要性を再確認しておきましょう。

生産管理とは製造業における全体的なフレームワークのこと

生産管理とは、製品の製造におけるあらゆるプロセスの管理のことです。製造工程のみならず、製品を生産して出荷するまでのプロセスを管理します。

ひと口に生産管理といっても、必要となる管理業務は多岐に渡ります。例えば、「何をいくつ作るのか」といった単純な生産計画も生産管理の一環です。また、受発注情報をはじめ、在庫・製造工程・品質管理なども生産管理に含まれます。

製造に携わる企業であれば、間違いなく生産管理を行いますが、そもそもなぜこのような管理が必要なのでしょうか。次で、生産管理の必要性を解説します。

生産管理はなぜ必要か

製造業で生産管理が求められる理由は、コストを抑えつつ品質の高い製品を短い納期で生産するためです。生産管理では、「Quality(品質)・Cost(費用)・Delivery(納期)」の3つ、QCDを意識することが重要と言われます。3つのうちどれが欠けても、顧客のニーズを満たせません。

例えば、コストを抑えて低価格な製品を生み出せても、品質が悪ければ顧客は納得しないでしょう。また、素晴らしい品質を実現できても、納期に間に合わないようでは話になりません。短い期間で品質のよい製品が製造できても、価格が高すぎるとなれば購入につながらず売上も落ちてしまいます。

生産のプロセスを適切に管理することで、QCDをバランスよく底上げできます。例えば、「製造工程における作業の標準化」を図ることは品質の向上につながります。そのため、原価管理によるコスト削減を目指せるのです。こうした効率化を各工程において実現していけるよう、適切な生産管理を行うことが重要です。

営業の現場力を鍛えれば、売上げが伸びる。そして、ビジネスが変わる。
役割別Salesforce導入のメリット

生産管理の一つ「在庫管理」とは?

在庫管理は生産管理の一つで、製造業に限らずあらゆる業界で行われる業務です。適切に在庫を管理できないと、「十分な数の製品があるのに製造してしまう」逆に「製造が間に合わず在庫が足りなくなる」といったことが生じます。

在庫管理の特徴

在庫とは、現金化する前の棚卸資産です。書店であれば、本棚や倉庫にストックしている雑誌や小説、コンビニであれば店内やバックヤードにある飲料や食品などが該当します。これらの在庫は、消費者の手に渡ることで、初めて現金化されます。

製造業における在庫は、製品の生産に必要な原料や部品、完成品などが該当します。これらの在庫をきちんと管理できないと、「製造に必要な原料やパーツが足りなくなる」「余計な数を仕入れてしまい経営を圧迫する」といったことが生じかねません。

製造業における在庫の特徴は、扱う種類の多さです。製品の原料・素材をはじめ、製造過程における仕掛け品・包装用の資材・中間品・完成品、などさまざまな在庫を管理しなくてはなりません。

在庫管理の課題

製造業における在庫管理の課題として、納期の遅延が挙げられます。例えば、仕入れるまでに時間がかかる部品が切れたとなると、生産ラインを進められません。部品が納入されるまで待つ必要もあり、納期に深刻な影響を与える恐れすら発生します。

では、部品を切らさないよう、常にたくさんストックしておけばどうでしょうか。しかし一度にたくさんの部品を仕入れるとなれば、それなりの資金が必要です。過剰に部品を仕入れた結果、資金繰りが悪化するといった事態も考えられます。
また、過剰に在庫を抱えてしまうと、管理の手間が増えます。同じ時期に仕入れた部品の中には、長期に渡り使われないものもあるため、先に仕入れたものを先に使うなど管理を徹底していても、劣化を招き不良品の発生につながる恐れもあるのです。
「受注を見込んでたくさんの在庫を抱えたものの、発注がストップし無駄になる」といったリスクが生じる可能性も否めません。このようなケースでは、仕入れた原料や部品が無駄になり、廃棄コストも発生します。

工程管理とは?

工程管理は、生産管理に含まれる管理プロセスの1つです。業務効率や生産性を高め、品質のよい製品をきちんと納期に間に合わせるためには、適切な工程管理を行わなければなりません。

工程管理の特徴

工程管理とは、高品質な製品を納期に間に合わせるよう、業務の流れやリソースなどを最適化できるよう管理することです。誰が何を担当するのか・何人態勢で取り組むのか・いつまでに生産するのか」といった計画を立て、製造過程で何かしらの課題が発生すれば、改善策の立案も行います。

工程管理が適切に行われないと、本来1人で十分な作業に3人の人員を配置してしまう、といった無駄が生じます。反対に、本来2人必要な作業に1人しか配置していない場合などでは、生産効率の大幅な低下を招く恐れもあるのです。
こうした事態が起きると、約束の納期に間に合わないことも十分に考えられ、企業としての信頼を損ねる結果にもなりかねません。また、必要なリソースを投入していなかったせいで品質が低下したとなると、これもまた信頼の失墜につながります。

工程管理の課題

工程管理における課題として、各部署間の連携不足が考えられます。複数部署を横断したプロジェクトの場合、工程管理に関する情報を適切にやり取りし、都度、情報を共有しなくてはなりません。例えば、生産管理部門と現場のコミュニケーションが不足していると、「本来2人で取り組むべき作業を1人の従業員が担当してしまう」といったことも起きてしまいます。

また、「進捗状況をリアルタイムに把握できる体制が整っていない」「現場に管理者が常駐していない」といった状況下では、イレギュラーな事態やトラブルが発生したときスムーズな対応はできません。例えば、従業員の1人が突然体調を崩して現場を離れた場合などでは、生産の遅れにつながる恐れがあります。リアルタイムに状況把握を行うことで、速やかに応援を送るなど適切な対処ができます。

生産管理を行うにはシステムの導入がおすすめ

生産管理はアナログな手法やExcelでも可能ですが、効率を重視するのならITツールやシステムの導入がおすすめです。生産管理システムやツールを導入すれば、各プロセスを可視化でき、リアルタイムな状況把握や問題の抽出ができます。

ツールによっては在庫管理機能も実装されており、コスト削減を見込めます。また、品質管理機能を用いることで、不良品発生プロセスを可視化できるなど、長年、熟練の勘に頼っていた属人化している業務についてもスピーディーに対応可能です。
不良率の改善が実現すれば、顧客満足度の向上効果が期待されます。さらに、生産管理機能を使って精度の高い計画を立てられ、短納期での納品も実現できるでしょう。

なお、生産管理システムやツールによって、実装されている機能は異なります。導入の際には、機能や操作性、費用などをチェックしたうえで検討しましょう。

まとめ

生産管理の目的は、品質のよいものをできるだけコストを抑えて短い納期で生産することです。生産管理には在庫管理や工程管理のほか、受発注管理や生産計画なども含めて考えることが大切です。
生産管理を効率的に行うならツールやシステムの導入がおすすめです。ツールによっては、トライアル利用可能なものもあり、このような製品なら導入前に機能や操作性を確認できます。自社にフィットするツールを導入し、より効率的な生産管理を実現していってください。

中小事業者困ったときのDX事典

RECENT POST「コラム」の最新記事


製造業における生産管理とは?工程管理と在庫管理の違いと役割を解説
メールマガジンのご案内

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング